1948(昭和23)年、若林俊一教授から創設された内科学第二講座(旧第二内科)は、2016年8月から消化器内科学講座とリウマチ膠原病内科学講座(右田清志 主任教授)に再編されました。今後もリウマチ膠原病内科学講座とは協力しながら診療・研究を進めて参ります。これまで旧第二内科では、幅広く内科学全般にわたり精通した医師を数多く輩出し、福島県内外の主要な病院に同門の先生方が赴任され、大学と連携し研修医指導ならびに県民医療に貢献しています。教室員を含めた同門会員は300名を超え、本学においてトップクラスの講座となっています。 続きを読む→

新着情報

研究会・セミナーのご案内

ページの先頭へ